美ヶ原高原旅行記

こんばんわ、いらっしゃいませ。 SHINTOKU DE GOZAIMASU 9月頭頃に美ヶ原高原まで日帰り取材旅行にいって参りました。 仕事帰りに新宿に泊まり、翌朝高速バスで松本へ。久しぶりに新宿駅降りましたが、高速バス専用の駅「バスタ新宿」なるものができておりました。 なんて骨体(おぼっちゃまくん) 3時間後に松本着。時刻は…
コメント:0

続きを読むread more

StardustCross Ⅱ 第二章 「事故」

 テレビで「死亜道-shadou-」を見なくなって2年。 あれからわたしは ネットで彼らをたくさん調べた。 テレビ初出演の2年前に結成。 最年少のSHINさんが中心となってメンバーを集め、世界観を完成させた。 驚くべきは、メンバー全員が何らかの形で“聖書”に関心を持っていたこと。 漫画やアニメでもよく世界観に使わ…
コメント:0

続きを読むread more

StardustCross 歌詞完成

ぐっどなぁぁぁいぃぃぃ~んんん SHINTOKU DE GOZAIMASU  死亜道の代表曲の一つ、「StardustCross」の歌詞が出来上がったんで掲載いたしまっする。 小説の方はしばしお待ちを( - 人 - )              …
コメント:0

続きを読むread more

某サイトに久々動画投稿

深夜にこんばんわ。 SHINTOKU DE GOZAIMASU。 家のPCを新しい物に替えるに伴い、今まで撮ってきた動画で死亜道イメージ動画を再編集。 とりあえず、以前同様音楽なし、サビのみの歌メロを再録したものです。 https://youtu.be/p67qHDHJghM https://youtu.b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

StardustCrossⅠ 第二章 「雲海に浮かぶ“彼女”」 ②

 午前5:00 東の彼方に日が昇り始めた。 薄暗い蒼一色だった辺りが、徐々に朝焼けを帯び始める。 地縛霊からは目を背け、来光の撮影タイムに入った。 この時初めて、自分の足が海岸ではなく山頂にいるのだと実感できる。 朝焼けの雲海はまぎれもなく「海」ではなく「雲」と化した。 ふと、地縛霊のことが気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

StardustCrossⅠ 第二章 「雲海に浮かぶ“彼女”」 ①

 尋子と別れてから一週間が過ぎた。 八月のお盆休み、新平は松本行きの特急列車に乗っていた。 多忙な彼の楽しみはというと、たまにしか取れない連休に高原にトレッキングに出かけることだった。 自然が、特に山が好きな彼は、よく信州の高原に出かけているようだ。 かといって、別に登山が目的ではなく、あくまで大自然を眺めることが好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

StardustCrossⅠ 第一章 「新平と尋子」 ②

 尋子の告白から一夜明けた今日、彼女は長野へ転勤の為、午前9時に東京を発つ。 日曜日、午後から休日出勤の新平は、尋子を見送るため彼女の両親と東京駅に来ていた。 二人は幼少の頃からの幼馴染。 二人の両親共に交流が深く、互いの一人息子・娘が恋仲であると思い込んでいた。 尋子は、そんな両親の心情を理解していたし、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢 黄金聖闘士頂上決戦! 「シャカvsサガ・カミュ・シュラの真実」

はじめに サガファンは思うのです。 いかにシャカが相手だろうと、あのサガがそんな簡単にやられるか? と あの3人が天舞宝輪に容易にかかってしまった裏には、実はこんなバトル展開があったのです! 以下、SHINTOKUの二次創作的妄想。 サガ・カミュ・シュラはアテナエクスクラメーションを放つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

StardustCrossⅡ 第二章 「ヴィジュアル系バンド“死亜道”」

 もう、四年も前になるのね。 あなたの歌に出会ってから― ヴィジュアル系なんて、わたしの世代じゃ聴く人は少なかった。 ましてや、理解されにくい歌詞でコテコテの衣装で・・・ それが、オリコン1位なんて 本当にすごいよ SHIN― ヴィジュアル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

StardustCrossⅡ 第一章 「ペンネーム“エミコ”」

 それは― 東京ドーム・ライブの前日、ラジオ収録でのことだった。 あいつの― 絵美子の メンバーへの質問メールが読まれたんだ― 俺にとって、ファンレターなどどうでもよかった。 始めは真面目に読んでいた、それがバカバカしく思えた。 いつだって、書かれていることは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

StardustCrossⅡ 第一章 「死亜道の“SHIN”」 

 俺は"SHIN" V系ロックバンド「死亜道-shadou-」のボーカリストだ。 本名は、血野池 進(25) "SHIN"は、当然名前の進と、神からとっている。 我がバンド死亜道は、神を題材にした、聖書やら宗教やらを世界観においた誕生と破壊がテーマだから― 俺は人間のクズだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

StardustCrossⅠ 第一章 「新平と尋子」 ①

 真夏の夜、井上新平は帰路についていた。 職業は夢であった環境保全のエンジニア。 家には床につくためだけに帰っているようなものだったが、充実な毎日を送っていた。 食事は外で済ませてあるから、シャワーを浴びてきゅうすに熱湯を注ぐ。 酒は付き合いだけ、彼の寝酒はグリーンティーだ。 ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

StardustCross Ⅱ

超人気V系ボーカリストと、車椅子の少女。あまりにも不釣り合いで、すれ違いな恋。 伝えたい・・・ 俺の・・・この気持ち― あなたの瞳に写っていたのは、わたしなの・・・? 立場の違いから、すれ違う二人の恋を、両者の視点から書かれた、SHINTOKU作もう一つの「StardustC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

StardustCrossⅠ

深い絆で結ばれた二人。そこに割って入った"彼女"―― 雲海に浮かぶ "彼女"は、彼にとって天使だったのか、それとも・・・ ※ 同時連載のⅡとは全くの別物です。 学生時代最後の年に構想(もはや14年前になります)、そこからワード小説、モバゲーのウェブリ小説「エブリスター」へと移り、 6年間ほど更新ないまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々化粧遊び

3月末に久々にお化粧遊びをしたんで画像アップをば。 まずは、最近の出会い系の自撮り風に鏡越しの女装↓ こ~いうネカマいたりしてWWWW お次はV系アーシャ的自撮り↓ あたくしはリアル「男の娘」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の終わりという名の雑貨店

偶然の発見。 約13年前、一時期の、ほんの僅かな間の一人暮らし(現在も一人暮らしですが)中の たまたま深夜にテレビでやっていたこの作品の なんともいえない雰囲気に魅了され 最後の5分間だけ録画したのがきっかけによる そう、偶然の発見であり、出会いであった。 どのレンタル屋にもビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレイモア 完結!

現在は無き「月刊少年ジャンプ」による第一話より読み続け、 10年以上、個人的連載コミック不動のNo.1であった作品がついに完結いたしました。 女性キャラクターの美しさ、繊細な背景、カラー表紙の油絵等、非常に画力の高い八木先生。 「エンジェル伝説」とは全くタイプの違う発想に、その漫画センスに脱帽です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more